背景色の変更ができます。
桜蔭ロゴ


Welcome to Ouin Haiku Plaza!

MENU:

現在閲覧しているページです。



ようこそ桜蔭会の俳句広場へ
桜蔭会の俳句広場は、財団法人桜蔭会の下部組織である・桜蔭俳話会が運営するオープンな俳句交流のグループです。「桜蔭」は桜蔭俳話会の略称であり,会誌の題号として長年にわたり使用されてきました。しかしながら,活字による会誌の発行は財政的理由によって現在中断しております.復刊を目指して何度かチャレンジしましたが,いつもつきまとう財政的ネックによって頓挫しています。このような危機的状況を打破し,会の活動状況を皆様にお知らせするために,負担のより少ないホームページのウエブサイトを作成し公開しております。

同窓会の通期のグループというと、ともすれば気難しい大先輩が頑張っているというイメージがあって、そのような会は敬遠し勝ちなものです。でも、当桜蔭俳話会には全くそういうところがありません。ただ俳句が好きである、俳句を通して交流を深めたいとする人たちの集まりです。卒業生だけでなく、地域の人たちにも開かれたグループです。もちろん、俳句初心者も気軽に参加できます。誰でも最初は初心者です。あの俳聖・芭蕉も始めた頃は右も左も分からない初心者だったのです。まず始めること、そして、継続することが大事なのです。俳句に限らず何事も続けていく間に「転機」が訪れるのです。

季語の世界:鴨
鴨

画像クリックで拡大
俳句は短いゆえに楽しい
歌人が俳句の17音字を短いと言う一方、俳人は和歌の31音字を長いと言います。まさしく俳句は世界最短の詩形です。そんなに短い俳句で何が表現できるのかと言われますが、短いからこそ対象を過不足なく言い当てたときの充足感は最高です。
若者は言葉そのものや観念が先行した俳句に走り勝ちです。しかし、実人生で多くの事象に出会い、様々な経験をして来た熟年者は、言葉のみに頼った上辺だけの俳句ではない、多くの人の共感を得られる内面的にも深い俳句を詠むことができるものと信じています。
俳句には豊富な人生経験が有力な武器です。この経験知によって、五十、六十を過ぎて始めても直ぐに追い付け、若者よりも早く本物の俳句に近付くことができるのです。

メニューボタンの内容
:各ページの内容及び途中までの注目句
:敷地・校舎配置図に見る母校の変遷
:桜蔭俳話会誕生時のいきさつ等
:定例句会と通信句会への参加
:これまでの定例句会の会報のPDF書庫
:これまでの通信句会の会報のPDF書庫
:これまでに会員が発行した句集の紹介

平成24年4月の吟行句会報告


4月22日の定例句会は鎌倉方面への吟行句会として開催しました。当日の天気予報は午後から小雨ということであったが、横浜駅中央地下通路「みどりの窓口」前に定刻より早めに全員が集合。俳句は全天候型の趣味、雨天もまた良しということで、予定より一本前の横須賀線電車に乗り込む。鎌倉駅西口から平坦な道を寿福寺に向かう。寺に着く直前にぽつりほつりと来たが、裏側から寺の墓地に入った頃には運よく収まった。踏み石が濡れて滑ることなく、幾つかの階段も安全に登れた。立子の墓、虚子の墓、政子の墓、実朝の墓と巡拝した。ただし、政子と実朝も墓には現在い遺骨は埋葬されていないとの話もある。禅寺の寿福寺は山門が山門が常時閉じられているので、垣の外から境内の枝垂れ桜を眺め、神奈川県の天然記念物に指定された柏槙の大樹の見事さにしばらく足を止めた。この山門から総門を繋ぐ参道で、その石畳と両側から伸びる若葉に目を休めているとき、ダルメシアンの散歩に遭遇した。寿福寺を辞した後、隣の英勝寺に向かう。この寺は徳川幕府の庇護のもとに格式を誇った尼寺である。葵紋の山門は閉じられており、脇の狭い通用口から入っ境内には、見事な竹林が待っていた。整然とした竹林では、春筍がそこかしこに顔を出していたが、原発事故による土壌の放射能汚染を考えると、複雑な気持ちであった。釈迦三尊像を堂の小窓から拝したあと、鞘堂や唐門をみて英勝寺を辞した。川喜多映画記念館の葉桜を仰いでから小町通りを抜け、昼食のため駅前の「仕立て屋」に向かった。ゆっくりとした食事の後、早手回しに蒲鉾屋でお土産を買った後、句会場の鎌倉生涯学習センターに入った。隣の部屋からの詩吟を聞きながら、句会が進行した。句会の途中から降り出した雨は、句会が終わった頃には小降りとなっていた。


平成24年10月の吟行句会報告


北鎌倉吟行記(円覚寺塔頭巡り)       平成二四年十月二八日(日)      藤本 友子

 曇り後雨の予報で心配されたが、集合時はまずまずの天気でほっとする。 九時二〇分横浜駅集合だったが、参加者六人全員が定刻より早かったため、一台早い横須賀線に乗車でき幸先のよいスタートとなった。 北鎌倉駅に到着し増田さんのご挨拶の後、九時五〇分に出発。大船方向に線路伝いに細い路地を進む。趣のある古い門の家々には水引草、秋明菊、吾亦紅、風船蔓、コスモス等々秋の風情たっぷりでわくわくする。 間もなく洞門山トンネルを抜け、静かな緩やかな山道を上ると八雲神社に到着。境内には 三猿の庚申塔などいくつかあり、八雲神社は昔からこの町の鎮守として祀られていたのが分かる。 ここで雨がポツポツしてきたが、幸いたいしたことはなかった。 神社の裏を右に進めばもう円覚寺の寺域に入り、道は石畳となる。烏瓜の鮮やかな色が目をひく。塔頭の雲頂庵、白雲庵、伝宗庵、富陽庵はどこも門を閉ざしている。 坂をくだっていくと、いよいよ円覚寺三門に十一時に到着。 ここからは各自自由行動となり、円覚寺境内の由緒ある建物、庭、鐘楼などをゆっくり鑑賞しつつ、作句に励んだ。 十二時十分に集合し、記念写真を撮った後、電車で鎌倉へ移動。 「茶寮いの上」で昼食をいただいてから、駅前の大巧寺で丹精された美しい花を観賞。 十三時十五分に鎌倉生涯学習センターにて句会が開始された。参加人数が少ないため、ひとり五句以上何句でもよいということで、四九句の投句となった。結果は先の通り。 予定の一七時まで増田さんの指導のもと集中した時間を過ごし、充実した句会となった。  (参加者)  守、  真三、  幸、  ヤエ子、  ツル子、  友子  (欠席投句) 明美 




平成28年10月の吟行句会


平成28年10月30日の定例句会は大磯方面への吟行句会として開催します。添付の吟行案内に示すように、横浜駅中央地下通路「みどりの窓口」前に8時30分集合にて開催します。


平成24年4月の一句(その一)


うぐひすの声惜しみなく立子の碑  友子

 寿福寺にある星野立子の墓所の句碑には、「命惜しむ」の感慨を披瀝した雛納めの一句が刻まれていた。心の奥にまで染み込むように鳴いている鶯。その声の只中にいる作者は、この句に深く共感し、「声惜しみなく」のフレーズを天啓のように賜ったのであろう。格調の高い、吟行なればこその佳句である。

選評:代表 増田守


平成24年4月の一句(その二)


鶯の統べゐし鎌倉五山かな  明美

鎌倉五山の一つである寿福寺に入る前から鶯の声はそこかしこに聴こえた。晩春ともなれば鶯の鳴き声は正調そのものであり、五体に沁み入るようであった。一山の鶯 の鳴き声から他の四山にも同様に鳴く鶯の存在を連想し、「鎌倉五山」として鎌倉を全景的に捉えたものである。論理的な厳密さから言えば、「五山を統べる」と断言できるのは、五山全部を巡り、鶯の鳴き声を五山全てで確認してからのことであろうが、これはこれで文学的修辞としては許されるのではないかと思う。厳格な体験主義よりも文学的な想像力、連想力を大事にしたいときもある。

選評:代表 増田守


平成24年5月の一句(その一)


雑草の命したたか夏来たる  渓水 

 夏期の農作業や庭仕事の最大の敵は雑草である。抜いても抜いても三日もすれば出てくる雑草には、ほとほと手を焼く。「雑草のしたたか・・・」だけであれば、雑草を毛嫌いする普通の俳句に終わってしまうところであるが、掲句を佳句たらしめているのは、「したたか」の前に「命」を置いたことである。 ここには人間を含めて生きている全てのものに対する慈しみがある。昭和天皇は「雑草」という名の草はないと言われたが、生きているものは、その存在において皆等価なのである。「命したたか」は、強い生命力に対する賛歌あるいは率直な憧憬の表出である。

選評:代表 増田守


平成24年 5月の一句(その二)


二階から素直な返事豆御飯  秀一

 「夕食は豆御飯だよ」との事前の会話があってもなくても、炊き上がるにつれて、特有の甘い香りは二階にも届いている。豆御飯が好物の二階の家人はその匂いに心待ちしている。「さあ食事にしましょう」との声掛けに返事は素直に「はあい」。作者と家人との心の通った良い人間関係が垣間見える。

選評:代表 増田守


平成24年 6月の一句(その一)


解体のひびき終はるや蟻の列    ツル子

 長年月の風雪に耐えた古民家の解体現場に作者は出会った。解体された廃材がそのまま廃棄処分されるのか、あるいは何処かに移築のために運搬されるのか知らないが、一連の解体作業が終わり、もろもろの騒音や振動が消えた後、作者の眼は更地となった地面に注がれる。そこには、民家の床下や礎石の周りに巣穴を張り巡らせていた蟻、あるいは廃材に巣食っていたかも知れない蟻がぞろぞろと現れている。蟻たちは、新しき安住の地を求め、列をなして移動を始めている。 経済的合理性のもとに人間の判断によっていとも容易く生命を絶たれる民家と、それに翻弄される蟻の運命が比喩的に活写されている。中七の「や」は、人間界の営みと自然界の営みとの間の断絶をくっきり浮き立たせている。まさに、切れ字として効果的に機能している。

選評:代表 増田守


平成24年6月の一句(その二)


肩凝りの湿布にほへり梅雨の入   秀一

 梅雨入り後の湿度の高い時期には、嗅覚を司る鼻の粘膜は程よい湿潤状態に保たれている。そのため、匂いに鋭敏になる。この点で梅雨入りと匂いを配合した掲句は理に適っている。ただ、匂いと梅雨入りとを単に絡めただけでは、普通の俳句に終わってしまうところであるが、掲句の巧みさは、匂いの発生原として湿布を特定し、かつ、湿布の張られている身体の部位を特定したことにある。肩凝りなのは作者なのか作者と対面している他者なのかは知らないが、作者の鼻先に近い肩に湿布が張られているという事実を提示することによって、この時期の嗅覚の在り様を活写している。

選評:代表 増田守


平成24年7月の一句


父と子の揃ひのシャツや梅雨明くる   友子

 梅雨の時期は雨に降りこめられ、気分的に外出も控え目となる。梅雨明は気持ちを開放させ、活動的にさせる。そのような時期の到来を目指して、作者の妻が父と子へお揃いのシャツを準備している。この梅雨明を心待にする気持ちは普遍的に受け入れられるものであるから、この句に賛同者が多いのは理解できる。

選評:代表 増田守


平成24年8月の一句(通信句会の最高点句)


しばらくは手にあふれさす岩清水   幸

 山行の途中で偶然にも石清水に出会った。早速、歩みよって手を差出し、両手の窪みに湧水をあふれさせたのである。その後、手を洗い、口を漱いだ後、渇いた咽喉をしめらせたのであろうがそのことには全く触れていない。読み手が推測し、感じ取ればよいのである。汗びっしょりの中で石清水に出会った喜びが、巧まずに現わされており、石清水の清らかさやその音までが聞こえて来るようである。  互選で満点、うち8人が特選に推した句である。これには、比喩も暗喩も見立ても述懐も擬人化も入っていない、すなわち、ありがちな俳句技法を一切入れていない。きわめて率直かつ平明な一句である。まさに俳句作りの確かなる原点にあり、これからの作句の優れた指標の一つとなるものである。

選評:代表 増田守


平成24年9月の一句(その一)


叛く子と対峙の母や夜の百足    幸

子と対峙しているのが母親であって父親ではない点が少し気に懸るが、子と日常的に接するのは、「生きる糧を得る」ことを大義名分として、毎日帰宅が遅く出張で家を空けることも稀ではない父親と比べれば、母親であるから、これは仕方がない。父親が働き盛りの家庭は疑似母子家庭といってもよい。子の種々の不満や煩悶は身近の母親に真っ先にぶつけられる。百足が出た日の夜も口を尖らせた子との間で一悶着があったのであろう。そこに百足が現れることによって、母子の熱い応酬に水が差され、母子は一緒になってその百足に対峙したのである。対峙対象の転換を句の中心に据えたのが手柄である。なお、「百足」は夏の季語である。

選評:代表 増田守


平成24年 9月の一句(その二)


巡回の猫の気配やみだれ萩     秀一

 俳味に優れた一句である。萩の咲き乱れる区域を縄張りとしている猫がおり、その猫が縄張りの見回りに来ると言っているのである。しかも、現実に猫の姿を見たと言っているのではなく、萩の枝葉を揺らして猫が立てたかも知れないガサガサという物音に、猫がやってくる気配を感じたのである。もっと言えば、作者は、そのような物音が一切ない状態でも、萩の乱れように「猫が来る気配」を感じたのかも知れない。

選評:代表 増田守


平成24年10月の一句(その一)


雲竜の駆ける天井そぞろ寒     明美

  書院の天上に雲竜図が描かれていた。ただそれだけの事実と肌寒さを増しつつある秋の深まりを取り合わせた作品である。何時の日か円覚寺を訪れ、雲竜図を見上げたときに、雲竜が今にも走り出そうとしているかのような勢いのある筆致に感銘したのであろう。「雲竜の駆ける天井」としたのは、単なる事実の報告ではなく、まぎれもない作者の主観の表白なのである。 文語的表現によれば、「駆ける」は「駆くる」となるのであろうか。 

選評:代表 増田守


平成24年10月の一句(その二)


蘇生治療終へし大樹の天高し    ツル子

長い歴史のある鎌倉の古刹には名木古木が随所に見られる。しかし、樹勢の衰えが目につくものもある。園丁や樹木医の懸命な努力と的確な処置によって、一本の大樹が往時の勢いを取り戻しつつある。大樹の復活を寿ぐように空はどこまでも高く青く澄んでいた。 「大樹の天高し」は「大樹や天高し」にすることもできる。また「天高し」と叙景的に言う代わりに「秋高し」と内省的に言うこともできる。 俳味に優れた一句である。。

選評:代表 増田守


平成24年11月の一句(その一)


大根煮る夫の背わづか丸くなり   友子

『煮る』は上一段活用の動詞。その終止形と連体形はいずれも同じ「 煮る」である。 掲句において、終止形の「煮る」として使われているものとすれば、句意は、大根の煮物料理を終わった作者がふと夫を見ると、 その背中が少し曲がっているのに気がついた、ということになる。他方、「 煮る」 が連体形として使われているとすれば、 大根を煮ている夫ということになり、作者がその夫の背中を見ていて僅かに曲がっているのに気づいた、ということになる。動詞の活用形の取り方によって主客が逆転するのである。 俳句としては、 男子厨房に入らずという古くからの戒めを破って料理を自ら楽しむ夫が居て、その夫が煮物料理に挑戦しているものと鑑賞した方が面白い。  

選評:代表 増田守


平成24年 11月の一句(その二)


新しきはうきに落葉絡みをり    ヤエ子

「はうき」は箒(ほうき)のことである。箒には、先端部分の材料の違いによって羽根箒・棕櫚箒・草箒・竹箒などがあるが、掲句の場合は、地面の落葉を掃除するのであるから、おそらく竹箒であろう。竹箒は枯れた竹の枝先を集めて竹竿先端に針金で括りつけたものである。昔は荒物屋から買ってくるほかに、裏山から集めた竹の枝を束ねて自家製することもあった。葉が全て払い落されて裸になっている箒の竹の枝先に、掃いている落葉が絡み付いているのである。 作者が目にした情景はこれだけであるが、この事実を俳句として提示されたとき読み手には、葉を欠落している竹の丸裸の枝先と、これを包み込もうとしているかに見える落葉の振る舞いとの間に、相補的ないし交歓的な関係性を読み取ることもできる。しかし、このような擬人的な深読みをしなくても、掲句は眼前直覚の優れた俳句である。

選評:代表 増田守


平成24年12月の一句(その一)


癌疑惑晴れたる朝や息白し   友子

 癌の疑いが晴れた安堵感と確かな生命活動の証しである呼吸とを配合した点が巧い。自らの生命への危機を「癌疑惑」と表現したことも軽妙である。『疑惑』という言葉は、新聞の社会面的に言えば、「事故隠し疑惑」、「脱税疑惑」というように自分以外の者の行動や処置に対する法的懐疑や倫理的懐疑を表す時に使うのが普通である。 この第三者的に物事を評価するときに使う用語を、自らの罹病の嫌疑に対して使用したことに、癌にだけは罹りたくはないという作者の気持ちが反語的に切実に表れている。 ただし、息白しを現実に認識できるのは、関東地方の気温条件では朝方であるから、「息白し」に「朝」を重ねたことが残念である。出来れば「朝」を消して欲しい。たとえば、「癌疑惑つひに晴れけり息白し」とすることもできる。

選評:代表 増田守


平成24年12月の一句(その二)


列島の劣化果てなし冬の星   守

 高度経済成長期に造られた日本列島の橋や道路、ビル建築物は耐用期間の終わりを迎え、各地でその綻びや劣化が報告されている。なかには基本設計の吟味不十分や施工管理の甘さも指摘されている。これに対して土木建築業界は莫大な建て替え・更新需要の到来とばかり色めきたっている。国土強靭化を旗印とした建設予算という名の血税の分捕り合戦である。  本当に必要なものは再建し、そうでないものは廃棄するというように冷静な判断を下す絶好のチャンスでもあるが、後の世代の負担を倍加しても現況を何が何でも脱却したいとする景気浮揚最優先のお題目には勝てないようである。中央省庁の政策立案者自体も劣化しないように望むしかない。

自句自解 増田守


平成25年1月の一句


遠き地の企業戦士や寒気団     明美

一読すると、今回のアルジェリアのテロ事件で犠牲になった派遣社員を題材とした一過性の時事俳句のように受け取られ勝ちであるが、必ずしもそうではない。 資源小国で貿易立国を目指す他ない日本は、世界各地に出かけて商品やサービスを数多く売り込み、エネルギー資源の開発に深くコミットしなければならない。過去にも少なからずの現地駐在員が身代金誘拐事件のターゲットになっている。国内の安穏とした我々の生活は、遠い外国の地で日々奮闘している企業戦士の犠牲の上に成り立っているものと言えよう。 そういう意味で、この句は普遍的なものであり、時の経過によって色褪せるものではない。「寒気団」を下五に据えたことによって、句が単なる時事の上滑りの紹介に終ることを防ぎ、引き締まったものとしている。
選評:代表 増田守


平成25年3月の一句


菜の花や島へ繋がる橋ひとつ    明美

 叙景句の本髄をいく俳句である。手前の大きな陸地とその先の島が一本の橋によって繋がっている状景は、日本全国どこにでもある見慣れたものである。これをあらためて句に詠んでも常套句の域を出るのは難しい。 掲句を純度の高い本格的な俳句にならしめたものは、季語「菜の花」の斡旋である。大きな陸地と小さな陸地(島)との間を繋いでいるものは、橋だけではない。より大きな存在として菜の花があるのを作者は見出したのである。菜の花畑を抜けた一本の道路が橋に繋がり、この橋が島に繋がっているのである。まるで希望や夢を象徴する一面の菜の花に導かれて目的の島に到達するのである。
選評:代表 増田守


平成25年3月の一句


啓蟄や歩巾大きく小買物      友子

歩幅大きく小買い物」のフレーズは、大と小との言葉の対比を詠みこんだ巧みなものであるが、これだけではレトリックが巧い句に終ってしまうところであるが、掲句の称賛すべきところは、季語「啓蟄」との配合の妙である。 啓蟄は冬に地中に籠った地虫が春の暖気に誘われて地面に現れ出てくることを言うが、暖かくなるとそれまで余計な外出を控えていた人たちも、外出を喜んでするようになる。小買い物と言っているが買い物に主眼があるのではなく、買い物は二の次で、歩幅を大きくして颯爽と歩き回りたい気分に主眼があるのであろう。
選評:代表 増田守



平成25年4月の一句


鉛筆を削るにほひや暮の春      秀一

日常の身の回りの品を手で扱ったり、手慣れた所作をするときに季節の移ろいを感じ取る、という句立ては、古来からよく使われる作句法の一つである。 今でこそ筆記具の首座はボールペンに奪われた感があるが、鉛筆愛好家は少なからずいる。日常のとある時間の隙間に、溜めていた何本かの鉛筆を削るとき、鉛筆の軸材の独特な香りが身を包む。そのとき、過ぎ行く季節の間に出会った人々の顔が瞼に浮かび、様々な出来事の断片が脳裏を走る。 この「鉛筆を削る匂い」と組み合わせる季節は、春の終わりに限定されず、秋あるいは冬の終わりとすることもできるが、掲句では、作者は暮の春と断定した。作者が脳裏に浮かべた人々や出来事は、作者にとって肯定的な好ましいものであったのであろう。俳句には、知らず知らずの間に作者が垣間見えるところがある
選評:代表 増田守


平成25年4月の一句


花冷えや書展の仮名の読めぬまま    友子

漢字文化圏のなかで日本独自の仮名文字は、それぞれ特定の漢字を崩して字体が考案されている。この崩し方には基本的なルールがあり、書展の出品者がこの基本ルールから大きく逸脱した者、あるいは所謂前衛派の書家でない限り、書展に自らの意思で立ち寄ろうとするほどの観覧者であれば、その仮名文字は読み取れるはずである。したがって、掲句は生まれない。 作者は仮名書の判読能力に関しては評者と同程度のレベルにあるのであろう。実際、評者は何度か書道展に招かれ、見事な仮名文字に出会っても、すぐに隣に貼られている活字体に毎度目をやって仕舞う始末である。 聞けば作者のご夫君が句会場ちかくのホールの書展に出品されているとのこと。句会終了後にその書展をのぞいてみたが、案の定、評者には判読不能な作品が多かった。掲句は、仮名が読めないのに観覧しているこの我よ、と少し自嘲気味に詠んだものである。 「読めぬまま」と「花冷え」が両方ともネガテイブであるので、「花冷え」に代えて「木の芽晴れ」のようにポジティブな季語にするとよい。
選評:代表 増田守


平成25年4月の一句


リラ冷えのバルサミコ酢の甘さかな     明美

料理やグルメの門外漢である評者には初めて耳にする言葉であったが、辞書によればバルサミコ酢とは、イタリアの熟成期間が長い高級醸造酢であって、黒みを帯び甘みがあると言う。この句の上手いところは、「花冷え」 、「さくら冷え」、「木の芽冷え」、「若葉冷え」という季語の代わりに「リラ冷え」を使用したことにある。これによって、句全体が洒落た印象のものとなり、「バルサミコ酢」が新鮮な意味ある言葉として響いて来る。リラ冷と甘さとの斡旋も良い。 掲句の意味は、リラ冷えの空気の中にたまたま使ったバルサミコ酢が甘かったと言っているだけである。俳句は意味も大事であるが、俳句にはまた音の調べを楽しむ側面があることを再認識させられた。「バルサミコ酢」が俳句に使えると見てとった作者の眼力は鋭い。伝統的な句作りが多い中で、作者の意欲的な句作りには敬服する。
選評:代表 増田守


平成25年4月の一句


年を経て一人暮らしも春景色     直子

人生のある時点から一人暮らしになった。一人暮らしを始めた経緯と当時の思いは、記憶の中に今も生きているかもしれないが、現時点では一人暮らしも佳きものかなと、達観する作者がそこにいる。 掲句の素晴らしいところは、自分自身の一人暮らしをこれも春景色の一部である、と自己の現状を肯定的に客観視しているところである。 究極の俳句は己れを詠むものだと言われるが、この句が正にそれである。人の心に深く沈潜する優れた境涯句は、皮相的な型通りの写生句をいつも凌駕する。
選評:代表 増田守

]
平成25年5月の一句


白シャツへ移る潮の香バス待ちぬ  友子

白シャツと潮の香の取り合わせが良い。 夏の強い日を浴びながら、いつ来るかも知れないバスを待っているのは、ひたすら辛い。評者ならば、タクシーを拾って一刻も早く現場を立ち去りたいところであるが、そのタクシーでさえ渋滞に巻き込まれたのか、一台も通らない。  じりじりとしながらバスを気長に待つしかないという運命に気づいたときには、もう遅いのだ。しかし、作者はこの運命を肯定的にとらえている。バスを待っている間も、日常の己を解き放つような潮の香に包まれており、それが白シャツに、また、己が身に染み込んで行くようである、と捉えているのである。 情景としては、海岸沿いに国道が通っており、その国道の端の吹きさらしのバス停に佇んでいる二人連れを連想する。その二人はバス待つあいだ寡黙であり、海岸での充実した時間の余韻に浸っているのである。
選評:代表 増田守


平成25年6月の一句(その1)


父の歩に合はせしをさな柿若葉   清子

幼子の歩幅は父の歩幅よりも狭いので、一緒に進もうとすれば当然幼子の歩くピッチは父のピッチよりも早くなる。そのようにして歩く父子の情景は微笑ましいものであり、この句の良さを否定する者はいない。生命感を表す「柿若葉」と「をさな」との配合も効いている。 しかし、「幼子が父の歩に合わせて歩く」という句立ての句は既に度々詠まれており、あまり新鮮味がない。このような評価から脱却するには、同行者の特定化表現としての「をさな」を、 実景からは離れるかもしれないが、思い切って消して見ることである。例えば次のようになる。 父の歩に合はせてをりぬ柿若葉 このようにすると、歩を合はせている同行者の推測範囲が拡大される。 常套的に推測する詠み手は、俳句的効果が端的に表れる幼児であると捉えるであろうが( それはそれで良いが)、 主語を句中で特定していなければ主体は作者であるという俳句の基本ルールに従った者は、 同行者は大人であると捉えるであろう。 そうすると、足の動きが小さく遅くなった父親の介護のために同行している作者たる息子または娘が、父を気遣って歩くピッチをゆっくり目に調整している様子の句になる。最初の鑑賞とは真反対となるが、評者にはこの方が新鮮である。 客観写生は勿論句作りの根幹にある技法であるが 、吟行はあくまでも句材をすくい上げる入口に過ぎず、そこで得られたイメージを膨らますこと、 あるいは別のものに飛躍転換させることも、俳句作りの楽しさかもしれない。
選評:代表 増田守


平成25年6月の一句(その2)


風涼し動く歩道の曲り角   真三

大規模商業施設や空港、地下鉄通路などには、利用者の便宜のために動く歩道を設置している。 この句を最初に読んだとき、疑問に感じたのは「曲り角」である。これまでの動く歩道は、出発点から到達点まで直線の移動経路に設置することを前提に設計され、その直線経路に沿って一本または複数本が同一方向に設置されているだけである。構造上、 一本の動く歩道の途中に曲り角を設けることは出来ないからである。 ここまでは在来の固定観念に囚われた短絡的な解釈である。実際には商業施設等の更なる大型化や拡張に伴い、人の移動経路は直線性を確保できず、曲りくねったものとなっている。 作者は、 移動経路の変化に伴って、移動経路が複数の動く歩道が、互いの配置方向を違えて設置されている、という客観的事実を踏まえて、この俳句を作ったのである。 作者は、「曲り角」と敢えて言うことによって、読者の意表をつき、複数の動く歩道の乗継ぎ点において移動経路の方向転換がされているという事実を指摘しているのである。 客観写生に徹する作者ならではの一句である。乗継ぎ点の風が涼しいとは、 まさに爽快な捉え方である。
選評:代表 増田守


平成25年7月の一句(その1)


手ぬきとは言はせぬ薬味冷奴    友子  

連日連夜の猛暑。火を使う料理は出来れば敬遠したいところである。今日は冷奴と宣言した時、「また」という男性陣のつぶやきが耳に届いたような気がする。これに触発されたどうかは知らないが、「手ぬきとは言はせぬ」は、日々調理する者として、ある意味で啖呵を切ったのである。冷奴の薬味で勝負するといっても、その変化の範囲は自ずと限定されていると思えるが、諧謔性に優れた一句である。
選評:代表 増田守


平成25年7月の一句(その2)


明日葉の苦み原発再稼動    明美 

原発の再稼働問題は、賛成するにせよ反対するにせよ、まさに苦渋を伴う判断を国民に突き付けている。明日葉は、健康に良い成分を豊富に含んでいる反面、特有の苦味成分もある。明日葉の苦さと原発再稼働を対置したのは秀逸である。明日葉に代えて夏の植物の酢漿草を用いれば、次のようにすることもできる。 酢漿草を噛む原発の再稼働
選評:代表 増田守


平成25年9月の一句(その1)


気がかりな原発汚染穴まどひ    秀一

原発被災による核汚染では、依然として広範な未除染地区が残されている一方、冷却処理水の保管タンクの設計建造時の不手際や点検管理の不備に起因する地下水汚染を招き、地下水の浸透によって海洋汚染まで懸念されている。まさに「気がかりな原発汚染」である。この人間界の不安な事象と、自然界の彷徨っている秋の蛇との取り合わせは上手い。これが多くの賛同者を得た理由であろう。評者も支持した一人である。 ただ、推敲の余地があるとすれば、「気がかり」と「惑ふ」との意味・イメージでの微妙な重なりである。「穴まどひ」は季語として据えたものであるから、これを外せないとすれば、「気がかり」を「惑ふ」とは連想性のないフレーズによって置き換えることになるであろう。
選評:代表 増田守


平成25年9月の一句(その2)


バス路線絶えし街道秋あざみ    明美

 山間僻地の限界集落だけなく、平野部でも静かに進行する人口減少によって、どんどんバス路線が廃止に追い込まれている。人が溢れていた町並みや賑わっていた街道を思うとき、その変貌の激しさに一抹の悲しみを感じ、将来に不安を覚える。さびれた街道を見やるように咲く秋薊との対照が上手い。
選評:代表 増田守


平成25年10月の一句(その1)


ちぐはぐなははとの会話青蜜柑    秀一

老親介護は重いテーマであり、なかなか良い句にはなり難いが、掲句は「ちぐはぐな会話」と切り取ることによって成功した。噛み合わない会話であるけれども母との貴重な時間を時間を過ごしている作者の姿が目に浮かぶ。青蜜柑との配合が絶妙であり、句を明るいものにしている。
選評:代表 増田守


平成25年10月の一句(その2)


吹き返す風の下手に野紺菊       明美

まさしく肩筋から力を抜いた自然詠である。吹き返す風は、いわゆる台風通過後の吹き返しの風であろうか。その風の中に野紺菊を発見した。台風に吹き倒されずに凛々しく立っている野紺菊を見たとき、人はこのように頑張って生きようと思う。 
選評:代表 増田守


平成25年11月の一句(その1)


冬の蜂集合住宅古びをり      ヤエ子

蜂と集合住宅の取合せが良い。卵が成虫となるまでの居住空間である蜂の巣は、まさに集合住宅である。重忠公の史跡に向かう途中で見掛けた集合住宅は、耐用期間の終期にあるかと思われるほど古ぼけたものであった。しかし、その集合住宅は、完成当時は最新の設備機器を備え、当選者は皆の羨望の中を入居したのであろう。その後子が生まれ、その子がそこで成長し、進学や結婚を機に出て行ったのであろう。「冬の蜂」と「 住宅古び」 を並置することによって、人智では抗い難い時間の流れを考えさせられる。
選評:代表 増田守


平成25年11月の一句(その2)


冬日和池を背にして立ちにけり   真三

普通、池を眼前にすれば、池の中の情景を詠もうとするのであるが、この句の作者は池を背にして立ったとのことである。池の中の情景より素晴らしい情景が背後にあることに気付いたのであろうか。それとも振り向いて立ちつくすような出来事が起きたのであろうか。いろいろと読者に想像させる点で巧い俳句である。
選評:代表 増田守


平成25年12月の一句(その1)


買ひしこと告げず年末宝くじ    弘子

「宝くじ」というものの本質を、「買ひしこと告げず」と言うことによって直截に表すことに成功している。果たして当選金額の多寡を問わずに秘密を貫くのであろうか、作者に聞きたいところである。宝くじは、買ってから当選発表までの間の夢を買うことである。それにしても当たらない。
選評:代表 増田守


平成25年12月の一句(その2)


メンチカツ揚げゐる音や雪催    明美

メンチカツを揚げているという動的世界と、雪催という静的世界との対比が良い。跳ね回る油の音が、あたかも雪の振出しを誘発するようでもある。
選評:代表 増田守


平成26年1月の一句


抗体の生まるるまでのくさめかな    明美

「くさめ」は「咳」と並ぶ風邪の代表的症状であるが、これまでの俳句では面白可笑しく詠まれて来ている。これに対して掲句は、抗体を持ち出し、嘘かまことか知らないが、抗体が体内に出来るまでは、厄介なくさめが続くと言い切っている。このように断定されてしまうと、そうなのかと首肯してしまう。まさに俳句は断定の文学である。
選評:代表 増田守


平成26年3月の一句(その1)


指折りて褪し衣の雛飾る      ツル子

購入してからの年数または元の持ち主と別れてからの年数を指を折りながら数えている体感的な所作と、雛人形の衣装の色模様が褪せているという視覚的認識が自然に結び付けられている。感慨に耽りながら雛人形を飾っている様子が良く描写されている。
選評:代表 増田守

平成26年3月の一句(その2)


目借時なかなか開かぬコルク栓   才美

目借時は古風な俳諧味のある季語である。年代物のワインボトルの口はコルクの栓で密封されている。ワイングラスをベランダのテーブルに用意し、コルク栓の抜き取りに取り掛かったが、予想以上に固い。四苦八苦する家人の傍で別の家人は春の日にうつらうつらしているように見える。懸命に取り組んでいる者と、傍でのんびりしている者との対比が良い。目借時という古風な季語をコルク栓の開封という現代的事象によって捉え直した点が良い。
選評:代表 増田守


平成26年4月の一句


猫の恋シングル比率拡大す     明美

 シングル比率とは、婚姻可能年齢人口に対する既婚者の割合を簡潔に表すためのマスコミ造語かもしれないが、言い得て妙である。少子化に連動するシングル比率増大は、日本の未来の社会構成に大きな影響を与えるファクターである。この人口減少の懸念問題と、個体数の増加を暗示させる猫の恋との突合せが、機智に富んでいる。  下五において、「拡大」という名詞に「する」という意味の「す」を付けて動詞化を行なっているが、このような処理の仕方は平叙文的な印象を与えるから、出来るだけ避けたい。「す」を消して、「拡大のシングル比率猫の恋」と変形することもできる。
選評:代表 増田守


平成26年5月の一句(その1)


木下闇無縁仏の竹の筒 ツル子

 花も線香も供えられていない竹筒を無縁塚の前に見ている。作者は木下闇、無縁仏、竹の筒という名詞を並べているだけであり、作者の感慨を表す言葉は全く使用していない。読み手の鑑賞に全て託しているのである。 その仏は、無縁塚に入れられる前は立派な個人墓または家族墓に葬られていたに違いない。月命日や年二回の彼岸には多くの家族や一族の者が訪れていたのであろう。それが時の流れによって墓参に訪れる者が絶え、ついには墓は寺によって取り払われ、遺骨は無縁墓に合葬されてしまった。 この無縁墓の竹筒は空っぽだったのであろう。 事実のみを提示し、自分の見立てを読み手に誘導しない点において、俳句作りの王道を行った秀句である。 
選評:代表 増田守


平成26年5月の一句(その2)


すり減りし石の階段楠若葉     ヤエ子

擦り減った階段は、古い社寺仏閣を吟行コースに入れると、必ず出てくるフレーズである。しかしこの句が平凡に堕していないのは、下五に楠若葉を据えたことである。これによって句の重心が定まり、どっしりとした句になっている。正に俳句は季語勝負である。楠若葉を例えば若葉光といった季語に置き換えて見れば理解できよう。
選評:代表 増田守


平成26年6月の一句


口角に昭和の匂ひ青トマト     才美

 口は何か物を食べるとき、その物が入る入口である。また、口は何か言葉を発するとき、その言葉が出ていく出口である。 評者が青春時代を過ごした昭和の年代は、いわゆる第二次安保に引き続いた、学生運動全盛の時代である。今から思えば、理想論に燃えた主張かもしれないが、それこそ口角に泡を飛ばせて青臭い議論に終始したものである。 上五と下五を直結して、「口角のトマト」と読むとき、「昭和の匂ひ」はまさにこの時代を形容するのにぴったりである。「昭和の匂ひ」、は上五と下五の連結詞語として、遊離することなく機能している。
選評:代表 増田守


平成26年7月の一句(その1)


弁明の舌の真つ赤よかき氷     守

真っ赤な嘘をつく舌先と、いちごシロップをたっぷりかけた掻き氷との付き合わせの一句である。かき氷の赤に染まった舌先に出た男の子の弁明は、嘘とすぐ分かる程度のいい加減なものである。それでも、女の子は嘘と知りながら、うんうんと頷いている。二人の間の諍いは元々大したものではなかったのであろう。
自句自解:代表 増田守


平成26年7月の一句(その2)


電車待つホームの扇子持ち替へぬ       秀一

日常生活の何気ない所作に俳句の題材を得たものである。「電車待つホームの扇子」としたことによって、暑いホームで気休め的に扇子を使い、冷房の効いた涼しい車内を思い浮かべながら、電車の到着をじりじりと待っている作者の気持ちがよく感じ取れる。 
選評:代表 増田守


平成26年9月の一句(その1)


赤まんまござの真中のひとり言   ツル子

 ままごと遊びの茣蓙に集まった子供たちの巧みな描写である。真ん中に座っている子が「さあ召し上がれ」と言ったのかもしれない。
選評:代表 増田守


平成26年9月の一句(その2)


鋳掛け屋の屋号残れり鉦叩き    ヤエ子

 伝統のある町では、屋号で呼ばれている古くからの家がある。なかには、生業として既に廃れている屋号もある。鋳掛け屋もその一つである。この句の良さは、鋳掛屋と鉦叩きの配合の巧みさである。鋳掛け職人が鍋の底を指で弾く姿が、彷彿とさせられる。 
選評:代表 増田守


平成26年10月の一句(その1)


 酸化鉄滲む倉庫や秋気満つ   明美

 酸化鉄が単離して倉庫内に滲み出ているものではない。無機化学的には「虚」であるが、俳句として提示されると、「真」であるよう感じられる。文芸上の真である。赤煉瓦の組成に着目して得られた句である。
選評:代表 増田守


平成26年10月の一句(その2)


象の鼻てふ岬歩けり鯊日和   友子

 「象の鼻」だけでは吟行不参加者は、生体の象の鼻として捉える。「象の鼻てふ岬」とすると、「象の鼻」が、ある営造物を形容した言葉であると理解できる。「てふ」は必要である。しかし、由来は岬であろうが、「岬」とは少し言い過ぎであろう。港湾施設として組み込まれている「旧防波堤」とすれば、「堤」で良いのではないか。
選評:代表 増田守


平成26年11月の一句(その1)


 朝顔の種とる日課猫遊ぶ      幸

   朝顔の種取に勤しんでいる作者の周りで飼い猫が遊んでいる。ただそれだけの情景である。この句の手柄は種取を「日課」にしていると作者が規定したことである。飼い猫は、作者が日課の種取を早く終えて自分の遊び相手をして欲しいしいと纏わりついているのかもしれない。
選評:代表 増田守


平成26年11月の一句(その2)


 小春日や会盛りあげし古写真    ヤエ子

 確かに同窓会の座に出された古写真は、会を最高に盛り上げるアイテムである。写真は忘却の淵に沈んだ記憶を引戻し、瞬間的に一同をタイムスリップ させる魔法の杖である。  ただ惜しいのは、「小春日」と「古写真」の対置が、「なごやかさ」という共通点において、少し予定調和的だということである。
選評:代表 増田守


平成26年12月の一句(その1)


 鯛焼の尾の温かき年惜しむ    秀一

鯛焼の尾の温もりを契機として年惜しむという心象世界を導いたものである。  この句には、季語性ある言葉として〈鯛焼〉、〈温かき〉、〈年惜しむ〉の三つが含まれている。このうちの「温かき」はともかくとして、〈鯛焼き〉と〈年惜しむ〉の並置である。このようなケースではどちらの比重が重たいかどうかが問われる。  「二重季語」という批評に対して自信をもって対抗できるかどうかである。
選評:代表 増田守


平成26年12月の一句(その2)


火山帯隠して美しき冬紅葉    明美 

同じ大自然が人間に提示するものとして、美しい冬紅葉の光景と、マグマの鳴動という不安がある。人間の幸せは、大自然のもたらす様々な災厄のほんの少しの狭間に残されているものに過ぎないのである。
選評:代表 増田守


r>
平成27年1月の一句(その1)


小豆粥世にも齢にも逆らはず    ツル子

互選で最も人気の高かった句であるが、「・・・にも・・・にも」の並列の句である。並列の句立ては散漫になり易いので、一般論として、基本的に避けた方が良い。「世に逆らわず」は、恬淡とした現在の心境を述べたものであろうが、年齢と並列に述べられると、収まりの良すぎる句になる。流れた句になる。 一般的な心境吐露から云えば、年齢に逆らわずとすれば、我が子を始めとする「世」に逆らわずということも言っているのではないか。とすれば、対象を歳(よはひ)に絞り込み、「小豆粥己が齢に逆らわず」とすることができる。
選評:代表 増田守


平成27年1月の一句(その2)


薄氷や消え入りさうな昼の月    弘子

「薄くなる」と「消え入る」とでは、ともに「減殺する」点において、同じような事柄を並べただけである。微妙なところを衝いた句であり、「氷」と「月」との配合には一定の効果はある。しかし、「減殺していく」という意味を含まない言葉と突き合わせた方が良い。例えば、「水仙や消え入りさうな昼の月」とするのである。生命感にあふれた水仙の黄の花との対比である。
選評:代表 増田守


平成27年3月の一句


陽炎や脳のどこかがすねてをり  才美

擬人化表現の句は、それが意表を突いたものであればあるほど、読者の賛同を得られるものである。陽炎に出会ったときに「脳が拗ねているようだ」とする作者の把握は非凡である。擬人化表現の効果はともすれば刹那的、限時的であることに留意しなければならない。                                     
選評:代表 増田守

平成27年4月の一句


花疲れ私そろそろ深海魚  才美

海へ流れ出た花筏が解れ、海底に沈んで行くことをイメージした句である。海底に漂う花びらを深海魚とした把握が良い。「そろそろ」との措辞も効いている。                                    
選評:代表 増田守


添削リストの掲載開始について


平成25年3月度から定例会に投句された作品の幾つかについて必要に応じて、参考添削例をお示しすることにしました。 この趣旨は、従来の【秀句鑑賞】だけでは、互選で高得点になり【秀句鑑賞】に取り上げられた句が良いものであることは分かるが、あと一歩の句について、何処をどう直せば良い句句になるのかが分からないの声があり、出来れば参考添削例を示して欲しいとの要望があったことによります。 そこで、添削例にとりあげた原句作者ご本人の思いは思いとして、桜蔭俳話会は俳句の原点に返って全会員が互いに切磋琢磨する場であるとご理解していただいて、今月分から添削リストを掲載することにしました。
代表 増田守


平成30年度の実施案内と日程表
平成30年度の実施概要は、こちらの実施案内をご覧下さい。
定例句会の会場は原則として相鉄線二俣川駅直結の二俣川ライフ5階の横浜市旭区民文化センター「サンハート」ミーテイングルームを予定しておりますが、ここの利用者は抽選で決定されますので、上記日程表では、会場は未定と記してあります。
2月度と8月度は例年通り定例会は休会です。その代わり、通信句会が開催されます。出句用葉書が前月度の定例句会報と一緒に事務局会より送られてきますので、奮ってご参加下さい。

関連リンク
財団法人桜蔭会の公式サイト
時空の旅人のサイト

更新履歴(ページ閲覧の参考に)

これまでの俳句広場への訪問者


アクセスカウンター
最初から意図した訪問者+偶然迷い込んだ訪問者+更新のための制作者自身の訪問
制作:俳句グループ:桜蔭  代表:増田 守
E-mail:masuda32@gmail.com
制作開始日:2010年12月31日

Copyright©Ouin-Haiwakai All Rights Reserved